ずっと憧れだったマイホームを購入

マイホームを建てた体験から、特に気をつけたほうがいいと思うのはお風呂や洗面台についてです。我が家のお風呂場では水がきれいに流れる設計になるよう気を配っていただきました。昔ながらのタイル張りにしたのですが、これは祖母の影響が大きいです。祖母から繰り返し、「お風呂場のタイルは水がうまく流れるように排水溝に向かって水平ではなく、少し斜めになっていなければならない」と聞かされていました。そこで、職人さんにお願いして、水がきれいに流れるような仕上がりにしてもらいました。
また、脱衣場の床は水に強い素材を選ぶようにしました。以前、賃貸で住んでいた住宅では、脱衣場の床の素材が水に弱く、見た目が損なわれてしまっていたからです。やはり、最初の見た目だけでなく、長年使用しても美しさが保てるかという点も考慮にいれたほうがいいと思います。洗面台については、清潔感と明るさがあり、傷がつきにくい素材を使うことにしました。お風呂や洗面台等については、見た目だけでなく、素材や設計にも気をつけたほうが満足できる仕上がりになると思います。